INDEX
序文
留学のヒント
英文メールサンプル
留学失敗談
Forum
投稿の検索
リンク
MAIL





AMITY-NET Forum

[記事リスト] [新着記事] [ワード検索] [過去ログ]

タイトル Re: 大学中隊から語学学校へトランスファー
投稿日: 2008/10/20(Mon) 14:46
投稿者ton

学校を変わる場合は、SEVISのトランスファーの手続きが必要です。
これは、原則として、現在の学校のプログラムが終了する前に(中退するのであれば、中退手続きが完了する前に)、学校のDSO(留学生担当官)のところへ行って、SEVISトランスファーを申し出なければなりません。

このとき、次の学校からの受け入れ許可書(I-20であったり、入学許可のレターであったり)が必要です。
あなたの申し出を受けて、学校のDSOがSEVISをリリース(transfer out)し、新しい学校はあなたのSEVISをtransfer in(引き継ぐ)します。

この手続きをした場合「のみ」、出国しなくてもかまいません。
(SEVISのトランスファーをしなかった場合は、いったん帰国して新しいID番号のSEVISをもって再入国しなければなりません)

トランスファーの間隔は、前の学校のI-20の失効した日(上記手続きをした場合、DSOがあなたのSEVISをtransfer outした日)から最長5ヶ月以内に次の学校のプログラムが開始されれば、アメリカに滞在できる、とされています。
ただし、実際は「next available term」にトランスファーしなければならないことになっており、それが5ヶ月も開くことは滅多にないので、基本的には「次の学校の(一番最初に入学できる)プログラムが開始されるまで」です(語学学校なら最高でも3ヶ月クールで次のtermがあるはずです)。
取れる学期を飛ばして、1,2学期分どこにも所属せずに、ただアメリカに滞在していることはできません。

なお、アメリカにいる間は、I-20さえ保有していれば問題ありませんが、将来ビザが切れて日本で再申請するときに「大学→語学学校」への転校がどう受け止められるかは保障できません。
通常、ビザの再申請は「上級学校への進学」が理由として求められます。それ以外(レベルの降格や同レベルに繰り返しなど)の場合は、「留学の成果無し」とみなされ(留学は口実で、それ以外の目的で滞在している可能性)、ビザが却下されることもありえます。


- 関連一覧ツリー (◆ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

● コメント投稿フォーム (この記事にコメントする場合は下記フォームから投稿して下さい)

投稿ガイドライン   &   [投稿の方法]

名前
ペンネームは あなたの顔として継続して使って下さい

E-Mail
メールアドレス入力必須です   非表示を選択すると Forum には公開されません
管理者が投稿の内容を確認する必要がある場合に限って連絡手段として用います
虚偽のメールアドレスによる投稿は削除します

タイトル
メッセージの内容を想像出来るタイトルを考えましょう

メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
リンク URL
  プレビュー