Re: ならば南半球か・・・・INTERNATIONAL BACCALAUREATE


前のページへはブラウザの『戻る』ボタンをご利用ください
[ Follow Ups /この投稿へのコメント一覧 ]
[ Forum ] [ 投稿ガイドライン ]

Posted by CEPT on August 01, 1998 at 11:36:17:

In Reply to: ならば南半球か・・・・INTERNATIONAL BACCALAUREATE posted by Piero on August 01, 1998 at 05:53:09:

Piero 君、こんにちは。
フランス以外の情報をほとんど持っていないのと、時間もないので、実際の学校探しは残念ながら助けてあげられませんが、、、

簡潔に質問に答えます。
IBは外国人(母国外で教育を受けている高校生)のみを対象とした制度です。つまり、日本人は日本のインターナショナルスクールでIBを受験することは、できるにはできますが、その後日本の大学へは進学できなくなるはずです。
逆に、海外でIBを受験し、日本の大学へ帰国受験する場合には、どこの国で高校を卒業しても同じ扱いを受けることができます。ただし、この制度のことをあまりよく知らない大学もありますので念のため。

インターナショナルスクールというのは、一般にIBコースになっていますが、IBスクールという呼称は、単にIBコースの有る高校くらいの意味で、固有名詞ではありません。

したがって、インターナショナルスクールは授業はすべて英語、一般に小学部から高等部までがありますが、IBスクールと呼ばれている学校の中にはバイリンガルスクールその他も含まれ、高校しかない学校、場合によっては、前にPiero君自身でも言っていたような、IB受験準備の11th、12thしかない学校もあります。

これらのシステムのうち、どれがIB取得に向いているか、というのは、別にそれほどの差はないと思います。ただし、現地の公立高校と同じカリキュラム、プラスIBコースを平行して行っている学校は、カリキュラムの内容が異なるため注意が必要です。

IBについて、より詳しくは、別途新規投稿をするつもりです。(来週になりますが)

学校探し頑張ってください。




Follow Ups /この投稿へのコメント一覧





このページは閲覧のページです
ご投稿は Forum へおこしください





前のページへはブラウザの『戻る』ボタンをご利用ください
[ Follow Ups /この投稿へのコメント一覧 ]
[ Forum ] [ 投稿ガイドライン ]