Re: キュレータ養成の学校を教えて。


前ページへはブラウザの『戻る』ボタンをご利用ください
[ Follow Ups /この投稿へのコメント一覧 ]
[ Forum ] [ 投稿ガイドライン ]

Posted by AMITY on September 05, 1997 at 02:32:29:

In Reply to: キュレータ養成の学校を教えて。 posted by なな on August 27, 1997 at 21:33:27:

ななさん はじめまして

>> 美術品と関わる仕事がしたくて欧米でキュレーターの勉強をしようと思っています。
>> 学校を探しているのですが情報がとぼしいのでどなたか教えてください。

私自身、キュレーターというのがどういう仕事なのか解りませんでしたので、
『朝日現代用語 知恵蔵 1996』(CD-ROM版)で調べてみました。

>> 学芸員(キュレーター)
>> curator
>>  <文化‐美術>
>>  美術館の事業活動にたずさわる国家資格を有する専門職員。
>> 米国ではキュレーター、英国ではキーパー、フランスではコンセルバトゥールなどが、
>> ほぼこれに相当するが、日本に比べはるかに権限が強く、ほとんど館長職に近い。
>> 欧米では日本でいう学芸員の業務が細分化されていて、教育、広報、図書、修復、
>> 登録業務等に区別される。

となっていました。
日本の学芸員は、そのくくりの中で得意分野があるということでしょうが、欧米では
別の業務を行うそれぞれの専門職という立場ということかと想像しました。

こうなると、ななさんが美術品の修復を行いたいのか、教育や公報を担当したいのか
など、その希望する分野によって勉強すべきことは違ってくるように思います。
欧米といってもいっぱい国があり、それぞれに歴史があります。
イタリアにはイタリアの、フランスにはフランスの、イギリスにはイギリスの養成学
校があるとおもいますし、自分のやりたいもの、絵画か(その種類もいっぱいあるし)
彫刻か工芸品か、年代、などでおのずと方向はきまってくるとおもいます。

たとえば地球の歩き方「成功する留学○○○編」などにも、美術関係の専門学校がい
くつか掲載されていますが、そこをみてもわかるように、入学するのはまず、かなり
の語学力が必要です。
どこの国に行くにしろ、語学に相当の自信がないかぎり、まず語学学校からというこ
とになるのではないでしょうか。

学校に関しては、地球の歩き方「成功する留学○○○編」、本屋さん、または図書館
や国際交流センターの留学関係をあたればいろんな本があります。
まず、そういうところから足掛りにして、やりたい方向が決まってきたら、行きたい
国の大使館とか観光局に問い合わせてみましょう。
そのように行動することによって自然に情報は集まってくるとおもいます。
こういうことは、ほんとうにどれだけ自分にやる気があるか、情熱があるか、の問題
で、自分の足で情報を集めることができる人こそが、外国で勉強できる人だと思いま
す。

自分でこれだけの情報を集めたのだけれど、具体的にここのところが解らない、知り
たいので知っている人がいれば教えてほしい...ということでないと、情報の出しよう
がないのではないかと思います。

ちょっと、辛口になってしまいますが...
ななさんのメッセージを、もし現在キュレーター養成学校に通っている人が読んでく
れていたとしても「ななさんは、何が知りたいのかな?」と感じるのではないでしょ
うか。

キュレーターになりたいというのがちょっとした思い付きではなく、しっかりとした
希望として、これから本当に行動しようということであれば、ぜひ上記を参考に頑張っ
て下さい。
専門的なキュレーターという分野の留学に関して、この Forumでどれだけの情報を
得ることが出きるか、協力できるかはわかりませんが、夢を育てる役に立ちたいと思っ
ています。これからも、よろしくお願いします。(^^)



Follow Ups /この投稿へのコメント一覧





このページは閲覧のページです
ご投稿は Forum へおこしください




前ページへはブラウザの『戻る』ボタンをご利用ください
[ Follow Ups /この投稿へのコメント一覧 ]
[ Forum ] [ 投稿ガイドライン ]