Re: 大学卒業後の留学


前のページへはブラウザの『戻る』ボタンをご利用ください
[ Follow Ups /この投稿へのコメント一覧 ]
[ Forum ] [ 投稿ガイドライン ]

Posted by マキコ on December 10, 1998 at 11:05:01:

In Reply to: Re: 大学卒業後の留学 posted by かなめ on December 10, 1998 at 00:02:01:

わたしも短大時代には大学の留学制度を利用したかったのですが、やはり現実不可能になり、自力での留学を考えるきっかけの一つとなりました。

サービス業についてですが、すもっぴさんも書かれている通りホテル業を専攻することができる大学や専門学校もあります。Hospitality Managementという専攻が私の行っていた大学にはありましたが、サービス業に関する経営学を含めて諸々を勉強できる専攻科目としては比較的ユニークな学科だったようです。

日本文化を専攻できる大学もありますのでそういった学校の情報を集めることから初めてはいかがでしょうか。今はいろいろなアイディアがあって、「こんなことはどうだろう、あんなことは・・」と思い描いている状態かもしれませんが、実際に情報を集め出してみればどのようなことが自分が本当に興味があるものが見えてくるかもしれないし。誰でも漠然としたところから始めるものだと思うので、それを具体化していくために情報収集は不可欠だと思います。

「言語の習得」は何をもって「習得」とするかが非常に難しいものです。「ぺらぺらにしゃべれるぐらい」と漠然と表現する人もいるかと思いますが、英語学校に一定期間通ったあと大学等に進むつもりなのであれば、それなりに読み書きを「習得」しなければいけないわけですから。また、かなめさんのように「語学習得のみが目的ではない」留学を目指している場合は、あくまで語学力は得たい知識を理解するための助けになるもので、語学学校の終了・卒業は通過点であって終点ではないと思います。

重複になりますが、情報収集はとても重要だと思います。留学にかかる費用のお話しがありましたが、学校の情報等を集めれば授業料も判明しますし、年間に必要な金額がどれくらいになるか明確になってくると思います。「平均値」はあくまで平均なので、すもっぴさんもお書きになっているように、住むところや学校の授業料などでずいぶん費用は変わってくると思います。大都市の都心にある大学に通えば当然生活費は田舎の学校に通うより高くなりますし。私は都心の大学に通っていましたが、授業料が比較的安かったせいもあって、年間に250万もかかるようなことはありませんでした。寮生活やホームステイもしたことがありますが、最初の1年を過ぎたところで一人暮しを始めました。

今は実は日本に一時帰国していますが、あと少しでまたアメリカに戻ります。正直なところ、アメリカでの忙しくて仕事や日常生活のプレッシャーから開放されて帰ってくると日本もいいなぁとおもいます。でもせっかく自分にこんなチャンスが与えられたのだから、楽しんで頑張ろうと思っているところです。

またしてもたくさん書きすぎてしまいましたが、ご参考になれば幸いです。



Follow Ups /この投稿へのコメント一覧





このページは閲覧のページです
ご投稿は Forum へおこしください





前のページへはブラウザの『戻る』ボタンをご利用ください
[ Follow Ups /この投稿へのコメント一覧 ]
[ Forum ] [ 投稿ガイドライン ]